店舗収益を大幅UP!
月間100万円の売上で、
粗利率90%以上を達成!

選ばれる「抗菌認証されたスーパーガラスコーティング 」
pikapro_logoimage

2020年初頭から

新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより、人々の生活は以前とは一変しました。
外出時にはマスクを着用し、外食は極力避ける。
手洗い、うがいを徹底し、ウイルスを家の中に持ち込ませない。
店舗や事務所などでは、テーブルの上などをこまめに消毒。
今まででは、考えられなかったほど衛生意識が高まってきています。
人の移動が感染を拡大するということで、人々の外出が制限され、飲食店をはじめとしてさまざまなビジネスの店舗への来店客数は激減しました。売上の前年対比大幅減。
もちろん利益なんて出ません。

そんな中

ある商品を使って月の粗利を100万円も増加させた店舗があるんです。
大幅な改装や投資も必要なく、知ってすぐ導入し、
翌月から3ヶ月間の平均店舗粗利が約100万円の増。
その企業は複数店舗を持たれていた為、すぐ他の店舗にも導入しました。

pikapro_image3

使っていた商品は、これ

ピカプロ ディーエックス

PIKAPRO DX

PIKAPRO DX(ピカプロディーエックス)は、抗菌効果をSIAA(抗菌製品技術協議会)に認められたスーパーガラスコーティング剤。一般的なガラスコーティング剤ではありません。

SIAAマークは、抗菌製品技術協議会ガイドラインで品質管理・情報公開された製品に表示されています。

!注意事項

  • 抗ウイルス加工は、病気の治療や予防を目的とするものではありません
  • SIAAの安全性基準に適合しています

携帯用ガラスコーティングは、ここ数年でいろいろな店舗が取り扱うようになりましたが、PIKAPRO DX(ピカプロディーエックス)は、現在の「新しい生活様式」に寄り添った、時代のニーズに応えたガラスコーティング剤です。

PIKAPRO DXの主な特徴

抗菌効果&ウィルスを不活性化することが実証されており、衛生的な状態を維持することができます。

無害な水とシリカなので安心安全に使っていただくことができます。

48時間後に9Hまで硬化。塗布後すぐは4H。(JIS-K5600-5-4 引っかき硬度基準)

固い下地なら何にでも塗布できます。(金属、ガラス、樹脂・陶器・・・etc)

小さな凹凸に入っていき、硬化することで綺麗な平面にします。通常よりも屈折が良くクリアなガラス面に。

防指紋効果があり、ガラス面の凹凸がほとんど無くなるため、防指紋効果につながります。

アルカリや酸に対して一定の耐性をもちます。(東京工業試験所試験)

耐久年数は、スマートフォンなど常に接触がある場合は約1年。手帳タイプのカバー等を付けている場合には約3年程度。

PIKAPRO DXを取り入れることで
大きな店舗利益UP!!

PIKAPRO DX(ピカプロディーエックス)には、2つの取り扱い方法があります。

方法1

パッケージの小売販売

小分けにされた消費者向けのパッケージ(スマホ用とゲーム機用の2パッケージがございます)を販売する方法。あのLOFTでも取り扱いが開始されました!

方法2

コーティングの施工

店舗でのサービスとして、お客様に「コーティングを施工」する方法。「施工証明書」を発行し、半年〜1年後のリピーター化を狙います。すでにヨドバシカメラ様やWonderGoo様の各店舗で取り組まれています。

施工と言っても、
難しいことはありません。

基本は、スマホ等の表面を綺麗にし、そこに溶剤を塗布。それを薄く伸ばしていく。この工程を3回繰り返すだけです。
溶剤自体は安心安全な原材料でできておりますので、他社様のガラスコーティングのように取り扱いに手袋などは必要ありませんし、保管も常温で固まらないので楽です。

では、実際にお取り組みいただいたお客様(=店舗様)は、どのように感じたのか? 何名かの方に聞いてみました。

基本は、スマホ等の表面を綺麗にし、そこに溶剤を塗布。それを薄く伸ばしていく。この工程を3回繰り返すだけです。
溶剤自体は安心安全な原材料でできておりますので、他社様のガラスコーティングのように取り扱いに手袋などは必要ありませんし、保管も常温で固まらないので楽です。

では、実際にお取り組みいただいたお客様(=店舗様)は、どのように感じたのか? 何名かの方に聞いてみました。

お客様の声

A社様(中部エリア)

携帯電話ショップ店長 様

当社では、携帯電話の販売店を運営しています。新型コロナウイルスの影響で2020年中盤の来店客数は大幅減となってしまいました。もちろん収益は悪化するばかり。そんな中、知人経由でPIKAPRO_DXのことを知りました。初期費用は数万円だけでしたので、とりあえず1セット購入をし、早速店舗内で施工を開始しました。オペレーションも簡単で今までの業務に支障はありませんでした。実際にPIKAPRO_DXの施工を始めたことで店舗利益が月100万円を超えることができました。今の新型コロナ禍の中で、強い武器を持てたと思います。店舗売上の減少に困っている方がいらっしゃったら、是非一度話を聞かれても良いと思います。

B社様(関東エリア)

店舗施工担当者

うちのお店では、もともと他社のガラスコーティング剤の施工を行なっていました。しかし、常温保存だと白く固まってしまうことから保管専用の冷蔵庫を使ったり、施工の際には手袋や保護メガネなどをして施工をする必要がありました。忙しい店舗内業務の中で若干のめんどくささを感じていました。PIKAPRO_DXの営業担当の方に電話をし、お話をお聞きしたら、そうした専門の保管冷蔵庫も保護具も必要なく、「すぐに施工できる」「難しい施工はない」とのことだったので、まずは1本購入してみました。

施工方法は、動画にて説明がございましたが、本当に簡単でした。

今は店舗スタッフがほとんど施工できるようになっています。

よくある質問

PIKAPRO DXについて頂く質問をまとめました

【A1】PIKAPRO DXとは、SIAA(抗菌製品技術協議会)の認証を受けた抗菌性能を有し、安全性に配慮したガラスコーティング剤です。

【A2】上記した通り、SIAA(公益財団法人抗菌製品技術協議会)という第三者機関の定める厳しい基準をクリアし、認証を受けております。一般財団法人日本食品分析センターの「JIS Z 2801抗菌加工製品ー抗菌性試験方法・抗菌効果」の検査により、抗菌効果があることが実証されております。

【A3】コーティング剤が保護対象に残存している間は効果は持続します。しかしながら、お客様のご使用状況等によって、残存期間はまちまちになります。1つの目安として、スマートフォンの画面でカバーをしない場合には、概ね半年〜1年間程度で塗り替えが必要になります。コーティング膜自体は促進耐候試験、耐摩耗試験で3年の耐久性を証明されております。ただし、お客様のご使用状況にもよりますので、効果持続期間を保証できるものではありません。

【A4】スマートフォンの1面を施工する場合には、概ね0.03ccとなります。約0.1ccでスマートフォンの表裏をそれぞれ2回塗りできます。

【A5】常温にて保存できます。直射日光が当たらない冷暗所で未開封の状態で保管した場合には、3年程は製品の劣化はありません。

【A6】目や口を清潔な水ですすぎ、様子を観察してください。様子をみて違和感や気分がすぐれない場合には、医療機関で受診してください。

【A7】他社のガラスコーティング剤と異なり、人体に危険な添加物を使用しておりません。有害な物質を含んでいないので、塗布時に手袋やゴーグルなどは必要ありません。

【A8】ケイ素と抗菌剤(無機類)を結合させたものです。約25種類の成分から作成しておりますが、主たる成分は珪素化合物。その他は、純油水性炭素、ポリッシング(研磨剤)・中性ワックス等となります。現在、市場にある多くのコーティング剤は、車のボディのコーティングをメインに設計されており、付着率を高めるために、ジブチルエーテルやフッ素などを配合し製造されております。これらの体に有害な原料を使わずに、ケイ素を中心に混ぜ合わせて安定させたのがPIKAPRO DXです。毒性試験・刺激性試験・アレルギー性試験等についても第三者機関により安全性に問題がないことが証明されております。

【A9】「消毒剤」はウイルスや菌を、瞬間的に除去します。しかし「抗菌」というのは、特定の菌やウイルスが増えづらく、時間が経つと自然に減少してゆく環境を作ることをいいます。

【A10】開封後の長期保管は、保管環境によっては、成分が蒸発、硬化などをしてしまう恐れがある為、できるだけ早期に使い切っていただくことを推奨しております。

【A11】PIKAPRO DXをコーティングした後は、硬度試験などにより強度が増す(=割れにくくなる)ことや硬度が増す(=傷に強くなる)ということに対して一定の効果は検証されておりますが、スマホの画面の破損に関しては、「落下した時の角度」などで破損することもあります。絶対に割れない、傷つかないという訳ではありません。

【A12】硬度試験とは、硬度測定基準で、鉛筆ひっかき傷試験をいいます。PIKAPRO DXは、「一般財団法人日本塗料検査協会」の「JIS-K5600-5-4 ひっかき硬度(鉛筆法)」にて検査を行っており、9H以上の硬度があることを実証しております。塗布直後は4Hであるものの、徐々に硬度を増し、48時間後に9Hの硬度に達します。

【A13】全ての種類のスマートフォンに施工することができます。また、スマートフォンだけでなく、下地が硬い「ゲーム機」・「家電」などにも施工することができます。

【A14】内部の機器などを取り替えたり、改造した場合には、メーカー保証の対象外となります。しかしながら、PIKAPRO DXでコーティングした携帯電話がメーカーから改造品だとみなされた事例は、今のところございません。

【A15】ガラスフィルムなどをスマートフォンの画面に貼付した後でコーティングをしてください。ガラスフィルムを貼る前に施工してしまいますと、スマートフォンとガラスフィルムの間にPIKAPRO DXの層ができてしまい、抗菌効果をなくしてしまいます。

PIKAPRO DXはここが違う!

(1)抗菌・抗ウイルス効果

PIKAPRO DXには、SIAA(抗菌製品技術協議会)から認証された確かな抗菌効果があります。抗ウイルス効果に関しても、試験機関により効果は実証されておりますが、今後SIAAに対して抗ウイルス効果についても申請を行う予定です。

(2)価格の安さ

PIKAPRO DXは、そもそもの卸価格が競合他社様の製品に比べ、▲50%以上安くなっています(抗菌効果を持つ競合製品と比較した場合には▲30%程度)。また、冷蔵保管の為の冷蔵庫や紫外線ライトなどの初期投資もありません。いきなり仕入れだけで始められ、毎月の仕入れコストも抑えられる。この圧倒的な導入ハードルの低さが評価をいただいております。

(3)保管のしやすさ

他社様の製品の一部では、常温で保管すると白く固まってしまうことがあります。車のワックスを開けたままにしておくと白く固まってしまいますが、それと同じです。その為、常温以下で保存する為に専用の冷蔵庫が必要な場合があります。PIKAPRO DXは、常温であっても、白く固まることはありません。そのまま、机の上で保管が可能です。

(4)安心・安全素材

PIKAPRO DXは、人体に安心・安全な素材でできています。ですので、施工の際に手袋をつけたり、メガネをつける必要はありません。店内オペレーション上も余分な負荷をかけません。